教えて!男女の産み分け
産み分けの歴史

産み分けの歴史

世界中に、産み分けの迷信や俗説が語り継がれているように、大昔から男女産み分けに関する関心は高かったようです。紀元前ギリシャのアリストテレスの時代から、男女を産み分けるというのは人々の関心を集めていたようです。数々の迷信や俗説が世界中で飛び交う中、科学的に産み分けする方法を発見した人物がいます。

産み分けの先駆者

アメリカの生殖生理学者、ランドルム・B・シャトルズという博士が、1960年に位相差顕微鏡を用いて、2つの異なった形状を持つ精子を発見しました。これがよく言われるX精子とY精子です。

この異なる精子の発見が、男女を産み分ける手がかりとなったのです。それ以前にも、男女を決める2つの精子の存在は、理論上では語られていましたが、実際生きている精子で確認できたのはそれが裏付けられたということになったのです。この精子を実際分けることによって、男女産み分けが可能になるのです。

ページの上に移動

産み分けの社会的認知

かつて、自然なものに逆らう行為として、産み分けをするということは非難を浴びていた時代もありました。シャトルズ博士がこの方法を発表したときなどは、非難轟々だったのです。

特にキリスト教では、神を冒涜する行為だとして大反対をしたのです。日本でも、自然なものに人間の手を加えて、その結果を左右することに反対意見があったことも事実です。やがてシャトルズ博士の理論がアメリカ全土に広がりをみせ、ローマカトリック教会が賛成の意を表します。それをきっかけに、男女産み分けは人々に受け入れられるようになり、最後には猛反対していたキリスト教までが認めるようになりました。

こうしてこの方法は徐々に世界へと広まっていき、アメリカでは産み分けの専門病院がある他、スーパーで産み分けキットが販売されるようにもなりました。現在日本でも産み分けを指導している産院も多く、世の中に認められていることといえるでしょう。


ページの上に移動

産み分けの迷信(日本とヨーロッパ)

迷信で悲しい思いはるか昔から、男女を産み分けるとされている迷信や俗説は世界中に何千とあります。その根拠や信憑性は一切ないにもかかわらず、現代まで語り継がれ、また、実行されている人もいるでしょう。

迷信だと分かっていても、もしかして……との思いから、藁にもすがる思いで実行されている人も多いかもしれません。現在では医学も進歩し、こうした迷信に左右されなくても、産み分けで効果の高いものがあります。

昔は女の子ばかりを産んで、跡取りがいないと肩身の狭い思いをした女性は大勢いたのです。こうした迷信や俗説でも、今度こそはと信じていながらも悲しい思いをした女性がいたのです。

ここでは、日本とヨーロッパに伝わる、産み分けの迷信を紹介してみましょう。もしかしたら効果があるんじゃないのかと思うものから、まるでバカげているようなものまで様々です。でも、これが信じられていた時代もあるのです。

ヨーロッパでの説

ヨーロッパでの男女産み分けの迷信や俗説を紹介します。

  • ・男の子が欲しい場合、男性は靴を履いて子作りをするとよい
  • ・初夜に少年をベッドに入れて夫婦が交われば男の子が産まれる
  • ・たくましい男性と交われば男の子が産まれる
  • ・男の身なりをして行為に及ぶと男の子が産まれる
  • ・夫のズボンを男の子が欲しいときはベッドの右に、女の子の場合は左につるして子作り
  • ・満月の夜に子作りすると男の子が産まれる
  • ・潮の満ち干きで性別が決まる

日本での説

  • ・夫婦の年齢を合わせて3で割れるときは女の子、割り切れないときは男の子
  • ・寝室に産み分けたい性別の子供の写真を飾る
  • ・栗拾いをする夢を見たら女の子、桃の夢を見たら男の子
  • ・初産の子供の両足に筋が1本ずつあれば次は女の子、片足だけだと男の子

こうして一部ではありますが、迷信を見ていると、昔から産み分けで男の子を欲しがる人が多かったように思えませんか? やはり跡継ぎなどの問題もあるのでしょう。もちろん現在では女の子を欲しがる夫婦も沢山います。

ページの上に移動


ホーム産み分けの基礎知識 産み分けの条件男女産み分け法中国式産み分け表リンク集サイトマップ