教えて!男女の産み分け
男女産み分け法

男女産み分け法

男女を高い確率で産み分けたい場合、どのような方法があるのでしょうか。男女で方法が違うのは当然ですね。どうしても産み分けを行いたい夫婦にとっては、しっかりと行っていきたいものだと決心されていることでしょう。このカテゴリーでは、男の子、女の子に分けて、産み分けに挑戦する方法やベストなタイミングなどを紹介していきます。

食事で産み分け?

食事かつて、まことしやかに囁かれていたことは、食事で産み分けができるといわれていたことです。これは日本で長いこと信じられていた方法です。実際の効果のほどはどうなのでしょうか。男の子を産み分けるために、女性はアルカリ性食品を多く摂り、男性は酸性食品を多く摂るといったものです。

女の子が欲しい場合はその逆になります。アルカリ性食品は、野菜や果物など、植物性食品が多くを占め、酸性の食品とは動物性食品でたんぱく質や炭水化物、脂肪等が当てはまります。これらを食べ分けることで、体の中を酸性に偏らせたり、アルカリ性に偏らせるというものです。産み分けには膣の中が酸性かアルカリ性かで左右されますので、これを体ごと行おうというものです。

ページの上に移動

食事で産み分けの効果は?

それでは、食事の内容による産み分けは効果があるのでしょうか。通常、人間の体は弱アルカリ性に保たれています。私たちの体には、これが少しでも酸性に傾くと、弱アルカリ性に戻そうとする働きがあります。体の中が、食べ物によって簡単にアルカリ性になったり酸性になったりするようなことはないということです。これは医学的にも栄養学的にも証明されていることであるので、食べ物によって男女を産み分けるということは不可能でしょう。実際、普段酸性に保たれている膣内が、アルカリ性になる時期もありますが、これは生理的周期によるものであり、食べた物の内容によって左右されるものではないのです。


ページの上に移動

高齢出産での産み分け

リスクはつきもの日本では、初産が35歳以上であれば高齢出産と言われています。経産婦であればこれに当てはまりません。
高齢出産でも、なんの問題もなく元気な赤ちゃんを産む人もいますが、やはりリスクはつきものだと考えておいた方がいいでしょう。

どうしても難産になりやすく、産まれてくる子供も低体重児だったり、ダウン症などの心配、母体も妊娠中毒症や早産の心配もしなければいけません。このようなリスクを抱えながら産み分けに挑戦するということは、母体にとってかなりのストレスになるかと思います。

無事に生まれるのだろうか、希望した性別の赤ちゃんだろうか…高齢出産で産み分けに挑戦するにあたり、体や生活の準備など、これらを考えると、母体にも胎児にも影響を与えてしまいますので、高齢出産の場合は、自然に任せるのがよいのではないでしょうか。それでも、家の事情でどうしても希望の性別の赤ちゃんが欲しいという場合、必ず専門医に相談してみることです。

ページの上に移動


ホーム産み分けの基礎知識 産み分けの条件男女産み分け法中国式産み分け表リンク集サイトマップ